白髪のためによくないこと

白髪のためによくないこと

白髪が増えるたび、かなりがっかりする気持ちは誰もがあるとは思うのですが、見たくないからといって白髪を抜くのだけはやめましょう。
抜いたら記憶から無くなりそうですが、白髪は再び顔を出します。また白髪が出てくる分はいいのですが、困ったのは白髪をことごとく抜いてしまうと、
その内白髪さえも生えてこなくなることにあります。
ということは、髪が少なくなるということなのです。
若いうちは、髪の量が多いということに悩むことはあっても、少ないことで悩むことはあまりないでしょう。
しかし、白髪を抜いているとある程度の年代になって髪が薄い自分に気が付くのです。
この手の話は、男性より女性に多くある話のようです。
男性は、白髪が出てきてもそのままという人も多いですし、少し白髪交じりがかっこいい場合もあります。
しかし、女性はそういうわけにはいきませんよね。
化粧せずにスッピンの女性は結構見かけますが、白髪がそのままの女性はスッピン女性より見る機会が少ないように思います。
やはり、白髪があると一気に老けて見えるからでしょうか?
白髪を抜くことだけはしないようにしましょう。
もしも、どうしても見たくないけれど髪を染める準備ができていない場合などは、根元に近い部分から切ることをおすすめします。
これですと、髪の量は減らずに済みます。